イクメンお父さんの楽しい  育児事情&〇〇事情 学校教師による体罰は有りか?
FC2ブログ
水遊び大好きコウカナくんの季節がやってきました!プールに海に水遊び!おもいっっっっっっっっきり暑い夏をエンジョイしたいと思います!!
ベルメゾンネット
学校教師による体罰は有りか?
2013 / 05 / 31 ( Fri )


当ブログはほっこり系と言う性質上、ネガティブな事、他を批判するような事、

重い話題などは極力控えていますが、今回は少しばかり繊細な問題に取り組んでみましょう。

最近お隣佐賀県での教師体罰による問題が取り沙汰されていました。

小学校、中学校、高校で80件あまりの体罰が判明し、各教論には厳しい処分が下されました。

今後は体罰に頼らない指導法の研修会を開き、

「体罰は法令違反だという認識を徹底させ、信頼回復に努めたい」との事でした。


以前『人気ブログランキング』サイトの『アンケート機能』を使って

『学校教師による体罰は有りか?』と言うアンケートを集計しました(↑)

結果を見ると圧倒的に『状況にもよるが仕方ない時もあると思う』が多いことが分かります。

もちろん多数派が正しくて、少数派が間違っているとは言えませんが、

「仕方がない」と思っている人がかなりの割合で存在するという現実があります。


当たり前の事ですが理想は『体罰のない指導方法』、『時代に適したゆとり教育』ですが、

綺麗事のように思えてなりません。

近年の傾向として、教師ばかりが責め立てられますが本当に生徒側にははないのでしょうか?

そしていかなる場合も手を上げてはいけないのでしょうか?

言葉だけで生徒全員を正しい方向に導いてあげる事ができるのでしょうか?



父兄や世間体や社会など多方面からの重圧で教師の取れる行動はあまりにも狭められ、

勉強を教えると言う以外にも人間の扱い方と言う高度なスキルと

繊細な言動も要求される難しい立場でありながら  

力と言う抑止力もひとつの方法として備えておく事も許されない立場とは

教師方々には幾ばくかの同情の念を禁じえません。



親は学校に子供の人間性という教育も任せた挙句、ゲンコツ一つも許さないと絵空事。

子供が人間として成長していく過程はもっと親が担うべきだと思います。

今やっていることは教師にを付けるだけのような気がします。

それでは『ゆとり教育』ではなく『ぬるま湯教育』と言わざるを得ない懸念を抱きます。



今回の記事長くなりましたが最後まで読んで頂きまして本当にありがとうございました


(もしよろしければアンケートの方にも一票を!) 


よろしければこちらの方も(→)ポチポチっとスイッチオン!!にほんブログ村 子育てブログへ


イクメンお父さんの楽しい育児事情&OO事情
http://tanosiiikuji962.blog.fc2.com/
23 : 39 : 35 | 育児のヒント | トラックバック(0) | コメント(10) | page top
<<まぬけ顔 | ホーム | プリち~なお尻>>
コメント
----

おおおっ?
どうしましたか・・・
よほど、思うところがあったのかなと・・・。


大方が、時と場合によっては体罰有りと
考える方が多いのは納得できます。
しかし、
そういう発言をしておきながら、
現実に我が子に対して体罰らしき行為を目にしたとき、
それまでの態度が180度変わってしまう保護者が多いのではと思ってます。
わたしももしかしたらそうかもしれません。。。

テレビなどで報道されるような体罰も、
「そりゃひどいな」と思えるところが多いですが、
所詮報道は、弱者側を大げさに伝え過ぎているところがあるので、
すべてを鵜呑みにして流されるのは禁物。
ほとんどの場合、
体罰を受ける側に何かしらの原因ありと見るべきではないかと・・・。
by: おでかけ親父 * 2013/06/01 07:04 * URL [ 編集 ] | page top
----

この問題は突き詰めるほどに難しく奥深いものだと思います。

子供のことは学校任せ、しかし問題が起こったり少しでも教師が手を上げれば騒ぎ立てる親がいることも事実で、心身とも疲弊されてしまっている先生がいるということもあります。

しかし一方で、子供に過剰なストレスを与える教師がいることも残念ながら事実です。

文科省も体罰の定義を示したりもしていますが、それで全てが解決するわけでもないでしょうね。

他の家の教育方針に口出しするのも憚られますし、出来ることと言えば、我が子に対しては学校任せにせず、教えるべきは教えていくということかな、と思います。
by: YUKI * 2013/06/01 10:25 * URL [ 編集 ] | page top
--ウインオータムさんへ。--

ウインオータムさん、こんにちは。

あれ?何だか重いテーマですね。

そもそも学校は教師が生徒に教育を施す場所であって「横暴する生徒を体罰なしでどのように対処するか」と言うことです。

しかし現代は、親の高学歴化に伴い、かつての「教師の教えは絶対」という状況から「生徒の顔色を伺う」みたいな雰囲気になってきていると思います。
これでは教師が生徒に対して本気で向き合うことができなくなりますよね。

親でも子どもに手を出したりすることってありませんか?(もちろん加減をしてです。)
でもそれは憎くて手を出している訳ではなく、真剣に向き合っているからこそ手を出したりしますよね。
学校でそれを体罰と位置付けると、躾と体罰の境がなくなってしまいます。
少なからず躾のためには必要なことなんだと思いますが…。

ただ、体罰は教師の感情のコントロール加減で暴力になりうるケースもあります。
大怪我をさせたり、最悪の事態を招くこともあります。
これは今の学校の教師(全員とは言いません)が幼少時代に体罰を受けたことがなく、力加減などが分からず度を越してしまうからのようです。

体罰を受ける側、与える側、どちらにも問題はあると思いますね。

最低限の躾は親の責務だと思います。

ん〜、支離滅裂ですみません。
by: santapapa * 2013/06/01 15:52 * URL [ 編集 ] | page top
----

私は、生徒に恐れられるぐらいの先生が頼もしいなーと思います!

うちのくうちゃんは先生が甘いとわかるとすぐ忘れ物とか宿題とか気を抜くし(恥)
クラスに陰険ないやがらせをする子がいるんですが、先生もなめられてるので、先生に叱ってもらっても、効果ないんですよねー!

私、筋が通らないことが嫌いなので、先日、ふざけてばかりでみんなの迷惑をかけてる子に、ちょっと注意してみましたが、言い返してくるので、本気で殴りたくなりました(爆)
言うだけではわからない子っていると思いますー!
by: ぱーくまま * 2013/06/01 21:20 * URL [ 編集 ] | page top
--おでかけ親父様>--

特に何かがあったわけではありませんが、少し気になったので、
たまには真面目な話でもしてみたいなと思いまして。

確かに時と場合によっては体罰はしょうがないと思ってみても、
実際自分の子が仕打ちを受けたら態度を変える親もいるかもしれませんね。
僕は小学生の時、運動の授業でふざけてて先生からグーで殴られたことがあります。
大げさな言い方をすると、それがなければ僕はもっと道を外した人間になってたかもと思ったこともあります。
昔はそういう体罰も普通でした。
なので自分の子供がいけないことをしたら、殴ってもらってもいいと思っています。
もちろん程度や頻度によりますけど。

報道では教師側が責められ、生徒側の方の事は全く触れられていませんよね。
どうしてそうなったか事の発端さえわかりません。
暴力(体罰)は悪いことですが、そのことだけしか伝わってきません。
報道では全体を見ることができないので、簡単に判断するのは危険ですね。
by: ウインオータム * 2013/06/01 22:22 * URL [ 編集 ] | page top
--YUKI様>--

今の時代、子供を学校に任せきりにして、口だけ出す親って結構いるような気がします。
これから先はさらに教師の方には、繊細な行動と言動が要求され、
自由な教育はできないようになり、心身ともにかなりの負担が強いられるようになりそうです。
もちろんストレス社会と言われる今、子供たちにも十分目を配り
重圧を軽減する必要性は大前提ですが。

そもそも体罰の定義というものが難しいと思えます。
どこまでが良くて、どこかから悪いというライン引きが具体的にできないから、
結局のところ、ビンタの一発も許されないように決まっていくのでしょうか。

我々親ができることは、我が子にできる限りの愛情を注いで子育てをすることですね。
by: ウインオータム * 2013/06/01 22:45 * URL [ 編集 ] | page top
--santapapa様>--

確かに問題なのは教師の『位置』ですね。
上下で表現するのは良くないのかもしれませんが、わかりやすく言うと、
教師の存在って昔は上のような気がしました。
今では生徒と同等どころか、下の方と言える弱い立場のように思えてなりません。
生徒に対して対等に向き合うことができないと「教え」と言う以前の問題です。

躾と体罰。
親が手を上げると躾?教師が手を上げると体罰?その境はかなり難しい問題ですね。
でも躾の為に体罰は必要だと思います。
なので教師側にもその権限があってもいいとも思います。

力加減などが分からず度を越してしまう・・・それは言えてますね。
これはいじめの問題でも聞くことですが、
今の子供たちは、自分たちが殴られる痛みを知らないし、
友達などと対等なケンカをしたことがないので、
人に与える加減を分からず、いたずら半分に致命傷を与えてしまう事態が起きます。
今の学校には教師も生徒も、
感情のコントロールと力加減をわからない人間が多く存在しているのかもしれません。
とても危険極まりない状況です。
少なくとも自分の子の躾は親が担うべきですね。
by: ウインオータム * 2013/06/01 23:07 * URL [ 編集 ] | page top
--ぱーくまま様>--

生徒に恐れられるぐらいの先生ってどんな先生でしょうね。
その答えがわかって、それを通していけれもっとも理想ですね。

確かに先生が怖くないと、勉強を教えるにも、注意や指導にしても、そして叱っても効果が薄いんです。
最近の子供は口も達者で大人に対しても全く物怖じすることもなく、
言い意味でも悪い意味でも強い子供が多いです。
それ以上に教師も大人も強い態度で対応しないとなめられるのも事実です。
ぱーくままさんのように他人の子供にも本気で注意して、
殴りたくなって(殴って欲しかった)というくらいパワフルな親御さんが今の世の中必要だと思います。
でも結局今度はそれに文句をつけてくる親がいるから自体はややこしくなるんでよね・・・。

絶対います!言うだけではわからない子って。

by: ウインオータム * 2013/06/01 23:23 * URL [ 編集 ] | page top
----

むむ。
これは非常に気になる問題ですね。
ただ私もあのブログでは書けませんので(笑)
便乗させていただくと…

そもそもきちんと子供を「叱れる」親が減りすぎている、と思います。
叱らない育児だとかアホなこと言う人がいますが、叱られなくてどうやって学べと言うのか。
そして親自身も他人との軋轢を必要以上に避ける社会になってますよね。
戦わずして得られるものはない、というのが私の信念ですので、一番近い立場の親子同士が意見をぶつけあう・喧嘩しないでどうやって他人と渡り歩こうと言うのか甚だ疑問です。

先生というのも特殊な職業で、一般的な企業を経ずに教職につくと感じられない異様な雰囲気と慣習があると感じます。
個人的には一般企業を経験した人を優先に採用し、現在の教職システムを変えるべきだと思うのです、評価方法や無駄な慣習などは特に。

授業参観に行くと大抵感じるのは、「つまらない」ということ。
勉強はつまらないものだ、と教師が見せてどうするのでしょうか。
学ぶことは楽しい、と見せるのが教師の仕事なのでは。
そういった意味では教職員の育成システムが足りませんね。

本筋とは離れてしまいましたが、そのように問題を抱えたまま体罰をするのは確かに良くないことなのだろうな、と思います。
体罰をしなければならないような子供にしたのは親に他なりません。
その親がきちんと躾けられないから体罰にする。
ただそれだけの話のはずなのに、誰もが「誰かのせい」にしたがってるのが最近取りざたされていることなのだろうと思います。

長々とすみませんでした。
by: カーチャン * 2013/06/03 16:44 * URL [ 編集 ] | page top
--カーチャン様>--

>子供を「叱れる」親が減りすぎている。
まずもって最大限に同意見です。

公園やどこかの施設に子供と遊びに行って、見かけるだらしない子供・・・
何かをやらかしたり、明らかに他の人の迷惑になってるにも関わらず、
親はそばでのほほんと見てるだけで注意さえしない。
これは、『叱らない育児』なのか、子供を叱れないのか、叱るレベルだと思ってないのか、
気づいてないのかわかりませんが、とにかく何故叱らない?と思う場面によく出くわすは事実。

今の時代、軋轢を避けるというよりも、人との関わり自体を避けてる傾向にあるようにも思えます。
色々と危険な時代だからそれも仕方がないのかもしれませんが、
少なくとも家族間で意見を言い合うのは真っ当な事だと思います。
戦わずして得られるものはない・・・と言うのは多少過激な表現な気もしますが、
より良くしていく為の前向きな歩み寄りと言えるでしょうね。

先生という職業について、一般企業を経験した人を優先に採用しと言う事ですが、
それもなかなか興味深い考察です。
僕は教員試験の結果だけで先生になれてしまうのがどうかと考えることがあります。
頭が良くても、子供と接する能力がなく、人にものを教える能力が低い人もいるのではないかと思います、
個人的な意見になりますが、例えばもっと子供が好きだからとか、人に教えたいとか、
そう言う適正を重視して欲しいと願っています。
この「つまらない」授業というのも結局は、この辺に起因するのではないでしょうか。

最後の『体罰をしなければならないような子供にしたのは親に他なりません』
これこそがもっとも重要な問題です。
親がきちんと躾て体罰を受けなくてすむ子供を育てていれば何も問題ないことなのに、
それができないから他人任せにして、責任逃れをした上で、体罰はやるなとなると、
その子供は一体どのような大人になって行くのでしょうか?
そしてその子が大人になりまた子を育て・・・想像するだけでとても怖い連鎖です・・・
by: ウインオータム * 2013/06/04 00:39 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tanosiiikuji962.blog.fc2.com/tb.php/315-0090eb16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
 よろしければこちらも⇒ポチっとひと押し⇒  







 







家事の分担をしましょう。ママはあなたのお母さんではありません
新米パパに育児に対する不安をなくしていきましょう。
子育てお悩み解決[Child-rearing Web] 子育てに対する総合的なお悩み解決サイトです
保育士ママの絵本いっぱい育児日記 オススメ絵本などを紹介する育児日記ブログです☆
とことんhappy life 日々の子どもの成長の記録や懸賞のことを書きます。たくさんHappyがやってきますように♪
晴れ時々くもり 今日が楽しければそれでいい♪
ぱーくブログ~うちの3K姉弟 名前が3Kの面白おかしい生活を毎日更新しています
♪たのしいようちえん♪ 幼稚園の先生ママのブログ
*ひよこ畑* 親馬鹿です。だって可愛いんだもの。
不妊婦ママの育自ダイアリー 奇跡的に男児を授かった母親の育児と育自と共育(教育)日記~
日記~新米ママのひとりごと 日々の何気ない出来事をつづった日記のようなブログ。
シングルマザーぽん太っちの育児&在宅ワーク日記☆(^・ェ・)
家事、育児、生活などなど、ドタバタ&時々のほほんでお送りしマス
40才の育児日記 お兄ちゃんと、妹ちゃんとの育児を通して、感じたことを書き留めています☆
ダンスィ兄弟 超ポジティブな小6ダンスィと超ドライな小4ダンスィの日常。
ここぶーママの子育て日記☆ 子どもたちのことを中心に書きたいと思っています。
4兄弟ママ*miyabi*の日常。 夫婦の事。4兄弟の事。趣味の事などなど。
チョッパーの大冒険 現在、アメリカで生活中! 子供の成長、家族のこと等々綴ります♫
つうちゃんの家族日和 毎日の気になる情報や出来事、ベランダ菜園&育児日記を綴ります!
たくろうたのマイペース育児日記~子どもの実体験を元に絵本や育児グッズを紹介〜
イクメン&専業主夫。YUKIのブログ  かけがえのない日々
悩みながら、つまずきながら、イクメン&専業主夫として生きています
“ おまかせ Photo Diary ! ” 二人の息子とのおでかけ記録を中心にした 写真日記です。 
親バカ夫婦の子育て・育児 奮闘日記 親バカの親バカによる親バカのための日記♪
santapapaの暇つぶし 平々凡々な日々の出来事・発見などを書き綴ってます。
パパの育児@親バカはじめました。 子供には無償の愛を!お嫁様には絶対服従を!
平凡安月給小遣い1万パパの嘆き 平凡安月給小遣い1万円パパが嘆いています。
たそがれオヤジの七転八起 よっしゃー!!
チューパパ日記 何気なく思うことや素敵に思うことを書いたブログです
育児こそ 男の出番 空回り 育児は本当に奥が深い。そんな日々を日記にしております。
のんびりイクメン日記 子供たち(4歳の蓮/1歳の友菜)の成長を中心にのんびり更新しています
よそはよそ、うちはうちっ! 家事に育児に頑張るお父さん!のサイト
★東大卒パパによる実験のような子育て★
新米、東大卒パパの子育てメモ、ヒント集です。





 



過去サイトはこちら ↑